ホーム > 施工事例 > 鹿児島市広木2丁目のK様邸

鹿児島市広木2丁目のK様邸

2013年10月15日

鹿児島市広木2丁目のK様邸

概要

1階屋根材のセメント瓦(下地⇒平木)、2階屋根材のカラーベスト(下地⇒コンパネ)を陶器瓦に葺替しました。

施工内容

先ずは1階屋根から取り掛かりました。既存瓦⇒平木⇒ノゴメの順に撤去し、垂木の状態に野地板を取り付けてルーフィング(モラサン2号)張り。

2階の屋根材はカラーベスト(俗に言う、コロニアル)でした。撤去後、下地のコンパネをチェックし劣化具合を確認しましたが、問題無し!コンパネを取替えることなく新しいルーフィング材を張りしました。

K様邸の屋根は勾配が緩く3.0寸~3.5寸しかありません。今回は緩勾配対応のタイプで鶴弥の「スーパートライ110タイプⅢ」にしました。

有限会社テクノファイケン